一番身近なクラウドコンピューティング。EvernoteとGoogleドキュメント

1 2月 ’10

クラウドコンピューティングって最近よく聞くけどどういうことなんだろう?と思う方もたくさんいると思います。自分自身、つい最近までは意味不明だったりしますが、iPhoneを使うようになってかなり身近に感じることができました。

語弊もあるかもしれませんが、ざっくり言うと
「ウェブ上に情報(書類や写真、時には動画や音楽など)を置いておき、インターネットデバイスで何処からどの端末からでもアクセスできる」ということかなと。
私の場合は、iPhoneでメモ・写真をとり、ウェブ上に保存し、腰を据えて仕事ができるときにPCでまとめて管理します。逆に、外出しなければならない時は、iPhoneから全てのデータをウェブから編集します。連絡先の管理も同様です。全て相互にデータを更新していけば、どれが最新データだっけ?と混乱することもなくなりました。

すぐに使えるクラウド。EvernoteとGoogleドキュメント – 日経ビジネス Associe(アソシエ)

クラウドはアプリケーションサービスをインターネットで提供する仕組みだ。インターネットをとらえどころのない雲に例えて「クラウド(雲)」と呼んでいる。

 クラウドはオフィスワークに革命を起こすと言われる。しかし、そう言われても、自分の仕事に関係があるだろうか。自分にどんなメリットがあるだろうか。

 答えは、ある。無料で、しかもすぐに使えるクラウドが「Evernote」(エバーノート)と「Googleドキュメント」だ。

Leave a Comment